岩手県盛岡市の魅力的な特産品

自信を持っておすすめする三大麺

盛岡市には、三大麺と呼ばれる大人気の食材があります。それは、わんこそば、冷麺、じゃじゃ麺です。

わんこそばは一口大のそばで、給仕の方から次々とお代わりを注がれながら食べます。何杯食べられるのかを競いますので、イベントなどで大人気です。また、冷麺は歯ごたえがある上に透明な麺が特徴となっています。トッピングとしてキムチと茹で卵、スイカが用いられ、辛めのスープが一般的です。さらに、じゃじゃ麺はうどんに似ていますが、甘辛い肉味噌を添えて食べる点が大きく異なります。キュウリの千切りを添えますので夏の食事に適しています。

お土産に最適な南部鉄器

盛岡市に伝わる工芸品として、最も有名なものは南部鉄器です。歴史は古く、慶長年間から製作が行われていました。

南部鉄器の特徴は、上品な黒い色合いです。そのために、室内のインテリアとしても重宝されており、お土産用として花瓶がよく購入されています。また、鉄瓶を使うことによって、鉄分を補給することができますから、貧血の症状に悩まされている場合におすすめです。

ほかに、風鈴や栓抜きなど、気軽に購入できる南部鉄器のお土産もあり、女性からも大好評です。盛岡市を訪れた場合は、是非とも記念に買い求めてみてはいかがでしょう。

ここで広島で話題のタビマスターズを見つけて旅行に行こう